重油・グリセリンなどの沸点・引火点・発火点・比重

  1. 危険物乙4TOPへ
  2. > 沸点・引火点・発火点・比重
  3. > 第3石油類

第3石油類

沸点・引火点・発火点・比重
特殊引火物 第1石油類 アルコール類 第2石油類
第3石油類 第4石油類 動植物油類  

「第3石油類とは、重油・クレオソート油・その他一気圧において引火点が70℃以上 200℃未満のものをいい、塗料類その他の物品であって、組成を勘案して総務省令で定めるものを除くものをいいます。」

下記の表は、主な第3石油類の「引火点」「沸点」「発火点」「比重」です。

物質名 沸点 引火点 発火点 比重
重油 300℃以上 60〜150℃ 250〜380℃ 0.9〜1.0
クレオソート油 200℃以上 73.9℃ 336.1℃ 1.0以上
アニリン 184.6℃ 70℃ 615℃ 1.01
ニトロベンゼン 210.9℃ 88℃ 482℃ 1.2
グリセリン 290℃ 160(177)℃ 370℃ 1.26
エチレングリコール 198℃ 111℃ 398℃ 1.1

危険物取扱者乙4HOMEへ

メニュー

乙4について

乙4問題

インフォメーション

テキスト・参考書

掲載している内容の一切の無断転用を禁止いたします
Copyright (C) 2011-2012 危険物取扱者乙4-乙種第四類試験対策問題- All Rights Reserved.