危険物取扱者

  1. 危険物乙4TOPへ
  2. > 危険物取扱者とは

危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、危険物の取り扱いに必要な国家資格です。

消防法における危険物とは、「別表第一の品名欄に掲げる物品で同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するもの」と定義されています。

危険物取扱者の資格は、「甲種」「乙種」「丙種」に分類されており、
扱うことの出来る危険物は、資格の種類により異なります。

乙種第1類 酸化性固体
乙種第2類 可燃性固体
乙種第3類 自然発火性物質・禁水性物質
乙種第4類 引火性液体
乙種第5類 自己反応性物質
乙種第6類 酸化性液体

甲種は、第1類〜第6類の全ての危険物の取扱いが出来ます。
乙種は、第1類〜第6類で免状が交付されている類の危険物の取扱いが出来ます。
丙種は、ガソリン・灯油・軽油・重油などの特定の危険物に限り取り扱いが出来ます。

この中でも、乙種第4類は受験者数が特に多いです。
当サイトでは、この乙種第4類(乙4)についての情報を主に記載しています。

乙種第4類は、社会的知名度・需要も高く、
ガソリンスタンドやタンクローリーでの危険物の運搬などには欠かせない資格です。

危険物取扱者乙4HOMEへ

メニュー

乙4について

乙4問題

インフォメーション

テキスト・参考書

掲載している内容の一切の無断転用を禁止いたします
Copyright (C) 2011-2012 危険物取扱者乙4-乙種第四類試験対策問題- All Rights Reserved.