固体・液体・気体(物質の三態)

  1. 危険物乙4TOPへ
  2. > 基礎的な物理学及び化学
  3. > 物質の三態

物質の三態

固体・液体・気体の三つの状態のことをまとめて、物質の三態といいます。

物質の三態変化はこちら →物質の三態変化

固体

分子間力が強く自由に動けない状態です。
定まった形と体積を持ちます。
例としては氷がこれに当てはまります。

液体

融点以上まで熱を加えることで、分子間力はあるが移動できるエネルギーを持ちます。
温度・圧力が定まっていれば体積は一定です。
例としては水が当てはまります。

気体

沸点以上まで熱を加えることで高いエネルギーを持ち、分子間力が小さく自由に移動できる状態です。
定まった形と体積を持ちません。
例としては水蒸気が当てはまります。

危険物取扱者乙4HOMEへ

メニュー

乙4について

乙4問題

インフォメーション

テキスト・参考書

掲載している内容の一切の無断転用を禁止いたします
Copyright (C) 2011-2012 危険物取扱者乙4-乙種第四類試験対策問題- All Rights Reserved.